沖縄に移住しても【給料がガンガン上がる転職先とは?】

沖縄 移住 転職

沖縄に移住したいけど転職後の仕事が不安・・・

というか、
転職して給料が下がる!以前に
そもそも仕事はあるのか?そんな不安が押し寄せてきますよね。

あなたが、
今日の今日までずっと家に引きこもっていて
他人とのコミュニケーションが取れない人であれば別ですが
普通に真面目に働いてきた人であれば沖縄での転職も全く問題ありません。

 

沖縄への移住は職が先?住居が先?

  • 「1年中温かい温暖な気候で」
  • 「透き通るようなきれいな海がすぐそばにあって」
  • 「週末はいつでもダイビングが楽しめる」

沖縄へ旅行したのをキッカケに、
沖縄への移住に憧れる人は多いですが
実際に沖縄移住を検討する人が心配するのは、
間違いなく【沖縄での仕事】ですよね。

 

大富豪でもない限り、
仕事を通じて働くことで賃金を得なければ
生きていくことは出来ません。家族を養うことも出来ません。

その沖縄での仕事探しですが、
沖縄は本島と離れた陸の孤島ですから、
実際に仕事を探すためには飛行機で移動しなければなりません。

転職活動のために、
何回も何回も沖縄にフライトするのは、
時間的にも金銭的にもほぼ不可能ですよね。

そうなると、
沖縄での仕事を決める前に
沖縄に住居を見つけて住んでから仕事を探さなければならないの?となってしまいます。

もし、
現職を辞めて退職し、
家族で沖縄に移住してきたは良いものの
沖縄で良い仕事に巡り会えない!なんてなったら大変です。

家族が路頭に迷ってしまいますからね。

 

もっと言うと
住居については、結構仕事先が決まっていないと契約してくれないところもあります。

対策としては
まずはウィークリーマンションやマンスリーマンション。

もしくは、
Airbnb(エアビ)(民泊)を活用してお試しで沖縄に住んでみるという選択になります。

 

とは言え、
沖縄に実際に移住してくる前に
ある程度希望の転職先に当たりを付けておきたいところですよね。

 

転職でも給料がガンガン上がる仕事はコレだ!

『転職』というワードを想像すると、
一般的には給料がグンと上がるヘッドハンティングのケース。

もしくは、
給料がガクッと下がってしまう一般的な転職。

 

このどちらかを想像する人が多いかとは思いますが、
別にヘッドハンティングではなくても転職でガンガン給料を上げられる方法があるんです。

その方法というのが、
考えてみれば当たり前ですが
『歩合制の給料体系』をとっている会社に就職することです。

 

歩合制とは、
簡単に言えば【自分自身の頑張りに応じて給料が増減する給与制度】

つまり、
成約1件ごとに3万円給料が増える!などと決まっていた場合、
10件成約させる人は30万円で100件成約させる人は300万円ということになります。

 

歩合制の会社にも色々ありまして、
完全歩合制の会社もあれば基本給にプラスアルファで歩合給が乗るパターンもあります。

 

若くて単身の方であれば、
完全歩合制で自分自身との勝負をしてみても面白いと思います。

完全歩合制ないので、
1件も売れない時はそれこそ給料が貰えない可能性もありますが、
逆に言えば上限もありませんので、年収1億円というのも夢ではないのです。

一方で、
40代を越えていたり家族がある場合は、
完全歩合制に突然チャレンジするのはちょっとリスクが高いので
ある程度の基本給が保証されている会社がよいでしょう。

 

「そんな会社あるの?」と思われるかもしれませんが、、、

 

あります。

 

では、
どのような業界/企業であれば
転職でもガンガン給与が上がる歩合制度がとられているのでしょうか?

最も有名なのは、
『不動産業界』でしょう。

そして、
今回紹介したいのは、
外資系の生命保険会社です。

プルデンシャル生命やジブラルタ生命など聞いたことがある方もいるのでは?

 

試しに
DODAで沖縄の一般公開求人を見てみると
沖縄県内でも良く目にする『大東建託株式会社』の求人がありました。

沖縄 移住 転職

正社員としての募集で
給与形態は:月給28万8000円+歩合給。

給与例を見てみると分かりますが、
入社年次によらず歩合給が凄いことになっています。

つまり、
不動産業界というのは、
未経験であっても年収1000万円以上というのは余裕であり得るのです。

沖縄 移住 転職

  • 学歴・経験不問
  • 未経験者大歓迎
  • 年齢59歳以下の方

この辺の条件も、
不動産業界の良いところですよね。

 

沖縄 移住 転職

なんと、
50%が中途採用というデータまで。

 

TOEICの点数を上げて転職活動を有利に!

ライザップイングリッシュ
イザップEnglishをいち早く体感しよう!
【30日間全額返金】ライザップがTOEICにコミット!
 

 

ズバリ!!沖縄での転職活動は成功する?

結論を申し上げますが、
健康な身体があれば問題なし。後は気持ちの問題です。

 

沖縄県民は、
本土の人よりもすぐに仕事を辞めて
次の職に移る人が多いので、転職市場は寛容です。

先程一例として挙げた不動産業界や外資系の生命保険以外にも
アナタが満足する転職先はいくらでもあります。

 

ただし、
実際に転職活動をするのであれば
ちょっとでも条件がよい会社を見つけたいですよね。

当たり前ですが、
全て条件が同じにも関わらず、
年収400万円と年収700万円と給料だけが違っていて
年収700万円の企業の存在を知らなかった!!!なんてことは嫌ですよね。

この話に納得された方に、
是非ともおすすめしたい情報があります。

 

それは、
大手エージェントの力を賢く活用する!というものです。

大手エージェントとは、
↓コチラ↓の記事で詳しく書いているのですが
アナタの転職活動を間違いなく協力にサポートしてくれます。

 

もっと言うと、
一般的には転職市場に出回らないような非公開求人を数多く所有しています。

つまり、
社員を雇いたい企業と
大手転職エージェントは
秘密裏に特別ルートでの求人を募集しているのです。

 

仮にも
その辺のハローワークや
コンビニにおいてあるような求人誌だけで勝負している人は
このような非公開求人があることを知る由もありませんから
その時点でアナタはかなり有利なポジションにあるのです。

ということで、
転職に有利な求人を
他のライバルに取られてしまう前に
今すぐエージェントの非公開求人をチェックしましょう。

非公開求人の数が多く
信用できる転職エージェントは以下の2つです。

  1. リクルートエージェント
  2. DODA(デューダ)

 

このリクルートエージェントとDODAにはそれぞれ
お互いが持っていない非公開求人が多数ありますので
両方共、無料会員登録して幅広く非公開求人をチェックしておくことをおすすめします。

 

そもそもの話ですが、
『沖縄に移住する!』と言っても
絶対に永住しなきゃいけない!って誰が決めた?

別に誰も永住を前提とすべき!とはいっていませんよね?

家族構成や、
自身の状態によって
住みやすい場所は常に変わるわけですから
まずは転職活動を有利に進めながら、気軽に沖縄に住んでみてはいかがでしょうか?

嫌になったり
転職活動がうまくいかないな?と思えば
戻ったり別の土地を探したらよいのです。

思い立ったが吉日ですよ!

 

 

 

コメントを残す