沖縄に移住した家族が【おすすめする場所と優先順位のつけ方】

沖縄移住者が実践する 転職よりおすすめの稼ぎ方

沖縄 移住 40代 費用 仕事
〜私はコレで移住できました〜
※期間限定※(↑クリック↑)
 
沖縄 移住 場所

沖縄に移住したいんですけどおすすめの場所ってありますか?」

はい。
おすすめポイントは色々ありますが、
移住したい目的によって大きくおすすめ地域は変わってくると思います。

移住の目的と照らし合わせながらあなたが住むのに最適な場所を探してみてください!

 

唯一無二最強の沖縄移住場所は存在しない!

これは沖縄だけに限った話ではありませんが、
何もかもが揃った最強の居住地というのは存在しません。

当たり前ですよね?

  • 寒いところがあり暑いところもある。
  • 海がきれいなこところもあって、汚いところもある。
  • 教育環境が整備されているところとされていないところがある。
  • スーパーが近いところと遠いところがある。

他にも色々と挙げられますが、
自分の理想が全て揃っている完璧な土地はどこにもありません。

税金が安いけど物価が高いシンガポールがあって、
リゾートで日本人も多いけど、永住が難しかったり年中暑いハワイがある。

 

ではどうするか?

完璧を求めるのではなく、
自分自身(家族含む)にとって必要な条件をリストアップし、
優先順位を決めよう。ということです。

 

優先順位も人それぞれ

では、
沖縄移住においては
どのような条件があるでしょうか?

パッと思いつくものをリストアップしてみましょう。

  • 交通網・交通インフラが整っているか?(バス・モノレール・高速道路)
  • 教育環境が整っているか?
  • 海の近くか?
  • 山の近くか?
  • 北部か?中部か?南部か?
  • 住居は賃貸か?購入か?
  • スーパーやモールの近くか?
  • 自然豊かなところか?
  • 働き口の多い場所か?
  • 自衛隊の近くか?遠くか?
  • 米軍基地の近くか?遠くか?
  • 那覇空港へのアクセスはどうか?
  • 病院など医療関係が充実しているか?
  • 移住者が多いか?
  • 公園・図書館・公民館など子供の遊び場が多いか?
  • 物価はどうか?

他にも、
色々と検討材料はあるかとは思いますが、
ココまでで何を言いたいか?と言いますと
アナタと私とでは、移住に際しての優先順位が違います。

子供がいない家庭(もしくは単身者)においては、
教育環境なんていうのはハッキリいってどうでも良いわけです。

ですが、
中学生や高校生の子供を持つ親としては、
子供の進路は重要ですから、教育面の充実は非常に気になるわけです。

ということで、
アナタ自身の優先順位を明確にしておきましょう。

その上で、
私の独断で
沖縄に移住した時に
是非おすすめしたい『移住者が住むならココ!』という土地をピックアップしたいと思います。

 

沖縄移住者におすすめする居住場所はココ!

まず大前提として、
沖縄に移住する時に考えるのが『仕事』(お金)の問題ですよね。

まぁ、
人が住んでいるところであれば、確かにどこでも仕事はありますが
職業選択の自由があるか?できるだけ給料が高いところが良い!という観点で考えると、
やはり140万人という沖縄県人口の20%以上が住んでいる那覇市は最大のおすすめ場所になります。

 

1.那覇市内

那覇市をおすすめするポイントとしては・・・

  • 求人数がダントツで多い
  • 交通インフラが充実している(車が無くても生活出来る)
  • 教育面でも充実
  • 移住者が多い
  • 空港へのアクセスもよい
  • 内地と変わらないくらい何でも揃っている
  • 実は海にも自転車で行ける
  • 実は自然も多い
  • 祭りやフェスなど色々なイベントが開催される

やはり、
多くの人に共通する那覇市をおすすめするポイントとしては、
職場環境選択度の高さではないでしょうか?

北部に移住すれば、
それはそれはきれいな海を見ながら生活することが出来るとは思いますが、
働き口を見つけることが相当難しくなると思います。

あえてデメリットを挙げるとすれば、
新都心を中心に家賃相場はかなり高めです。

東京と比べればそれは安いですが、
沖縄の所得レベルを考えると高くなっています。

 

2.宜野湾市

宜野湾市(ぎのわん)は、
市民10万人を超える大きな都市です。

ポイントとしては・・・

  • 海が近い
  • スーパーやショッピングセンターも揃っている
  • 那覇市にもある程度近い(10キロほど)
  • 家賃が比較的安い!
  • 移住者が多い

 

モノレールは走っていないものの、
那覇市内へのアクセスも良く非常に人気のエリアです。

近年は、
移住者も多く開発も進んでいます。

 

マイナスポイントを挙げるとすると、
基地が近いので騒音問題や、那覇市内に勤務地があると
通勤時間の渋滞が凄いです・・・(国道58号線)

 

3.浦添市

沖縄移住者におすすめする場所の3つ目は、
『浦添市』(うらそえ)になります。

浦添市のおすすめポイントとしては・・・

  • 移住者が多い
  • ガヤガヤしていない
  • 住宅地が多い
  • 公園など子供の遊び場も充実している
  • 平均年齢が低い(若い)
  • 那覇市へのアクセスが良い
  • モノレール開通の予定がある

 

デメリット的な点を挙げると、
逆説的にはってしまうのですが住宅地が多いので
あまり都会的な遊び場がありません。

また、
モノレール開通予定で浦添の地価が高まっていることもあり
賃貸物件の家賃は結構高いところが多いです。

 

 

まとめ

ということで、
やはり移住の最初のステップとしては、
やはり那覇市・宜野湾市・浦添市という比較的大きな都市が良いのではないでしょうか?

恩納村や名護など
いきなり北部への移住をおすすめする人もいますが、
知り合いなどコネがない人にとっては結構難易度が高いのでは?と思います。

単身者であっても家族連れであっても、
いちばん大事なポイントは衣食住の安定です。

そのために、
生活に困らないということが重要ですから、
職業選択の自由がある都心部が良いのではないでしょうか?

逆に、
自由業である場合は、
北部への移住を検討しても面白いかもしれませんね。

 

 

 

沖縄移住者が実践する 転職よりおすすめの稼ぎ方

沖縄 移住 40代 費用 仕事
〜私はコレで移住できました〜
※期間限定※(↑クリック↑)
 

コメントを残す

CAPTCHA