沖縄へ家族で移住【知っておきたい沖縄の教育・仕事】事情

沖縄 移住 家族

家族で沖縄移住を考えているけれども
仕事や子どもの学校・教育・生活に便利な地域など
知らないことが多すぎて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

私たちも実際、沖縄へ移住する前は
「沖縄へ家族で移住した人」のブログや掲示板の情報などを調べまくっていました!笑

 

でも、実際ネットでの情報と
こちらへ移住してから感じる沖縄はまた違うんです!

沖縄へ移住した私たち4人家族の生の声をシェアしたいと思います。

 

家族で移住する際に知っておきたい3つのポイント

 

私たち4人家族が沖縄へやってきたのは今から2年半前。
当時、3歳の娘と1歳の息子を連れての移住でした。

 

移住する前は
「沖縄の綺麗な海!」「綺麗な空気!」
「時間に終われない穏やかな生活」を夢見ての移住でしたが
不安ももちろん多かったです。

 

移住してから「そうなの?知らなかったー!」
という部分も多かったので3つほどご紹介させていただきます。

 

1.沖縄の学校・教育事情

 

沖縄の学力レベルが全国最下位と言われているのは有名な話です。
(最近はレベルも少しずつ上がって来ているという噂ですが
震災による移住者が増えて学力が一時的にアップしているだけという情報も…)

 

県内での有名進学校と言えば

  • 沖縄尚学
  • 興南高校
  • 開邦高校
  • 球陽高校

あたりでしょうか。

偏差値60前後の学力で
全国レベルで見るとそれほど高いとは言えません。

 

また沖縄県内で唯一の国立大学
「琉球大学」でさえも全国レベルでは低い方です。
(もちろん、学部にもよりますが…)

優秀な生徒たちは県外の大学に進学する人が多いです。

 

公立の小学校・中学校などの学力レベルは
学区にもよるのでお答えできませんが、
沖縄にはインターナショナルスクールもいくつかあるので
移住者の中にはインターへ行かせてるお子さんも多いです。

 

私たちも最初はインターナショナルスクールへ入れようか・・
とも考えていましたが、
迷った結果、公立幼稚園を卒園し公立小学校に入学させました。

 

まだ子どもが小さいうちは
ガチガチなお勉強をさせるよりかは
のびのび!楽しく過ごせる環境を与えたいと思ったからです。

 

 

2.仕事探し

 

家族で移住となれば
「生活」をするための「仕事」を探さなければいけません。

いくら移住資金を貯めたからと言って、
沖縄で働かずに遊んで暮らす訳にもいきませんからね。

 

正直、特別な資格や経験・スキルがないと
高収入の仕事は無いと思っておいた方が良いです。

ご存知の通り、
沖縄の最低賃金は全国最下位の714円。

店先のバイト募集案内を見ていても
「時給780円!」がザラです。
(時給1000円以上のバイトなんてほとんど見たことないです…)

家族を養うためには
まず、移住の前に「仕事探し」も積極的に行うことをオススメします!

実際、仕事も決めずに家族で移住してきたけど
就職先が見つからず1・2ヶ月間は収入ゼロで過ごし
結果、働き口は見つかったものの
給料が低くて移住して1年で帰ってしまったというケースもあります。

 

移住前に沖縄の仕事事情・就職、転職についても
コチラで紹介しているので参考にしてくださいね!

 

 

3.住む場所の利便性

 

家族移住の場合は
まず、「どこに住むのか」が重要となってきます。

私も移住の際に最も重視したのは
この「住む場所」そして「利便性」です。

 

沖縄の自然に囲まれて生活したい!

と思っていましたが
実際、自然豊かな北部や中部・国頭村などへ行けばわかると思いますが・・

 

本当に何もありません!笑

ま、何もないのが良いところなのかもしれませんが…笑
もし、自分が北部や中部で生活するとなった場合

  • 「子どもが発熱した場合、駆けつけれる病院が近くにあるのか?」
  • 「車は必須だから購入しなければならない」
  • 「空港まで車で1時間〜2時間かかる」
  • 「幼稚園や小学校・中学校の送り迎えは自分がしなければならない」
  • 「北部・中部での仕事が無い可能性もある」など、

家族で様々なシミュレーションを行った結果、

 

「あぁ。これは那覇市ないでの生活が便利だな。
子育てしているうちは那覇にしようか。」

ということで、
那覇市内での移住を決めました。

 

結果、利便性を考えると
那覇市内がよかったと思います。

病院は近くにありますし、
モノレールやバスも通ってるから交通も便利。

 

何より、私たち以外の移住者も多く
就職先、仕事もたくさんあります。

 

小さなうちから「自然に触れさせたい!」という気持ちもありますが
それは日々の生活ではなく
休日、どこかへ出かけた時で十分かな?と思ってます。笑

 

都会と同じような生活を送るためには
那覇市・浦添市・宜野湾市などがおすすめです。

最近はベッドタウンとして
豊見城・南風原・糸満も人気みたいですよ。

 

 

家族で沖縄へ移住は厳しい?

 

結局、家族での沖縄移住は難しいのか?
と思ってしまうかもしれませんが、

沖縄移住はそこまでハードル高くないと思いますよ!

実際、私も家族4人で移住してきましたが
楽しく生活しています。笑

 

子どもが小さいうちに移住してきてよかったな〜と思ってるくらいです。

 

問題は
沖縄での仕事を見つけて「収入」を得られるかどうかですね。

 

沖縄の離職率・失業率は全国トップレベル。
平均収入も約350万円と言われており低所得者が多いです。

それなのに
物価は高いですし、家賃もそれほど安くありません。
綺麗なマンションに住もうと思えばそれなりに家賃も高くなります。
(以外と生活費ってかかるんですよ!)

 

では、沖縄県民は賃金が低いのにどうやって生活しているのか?
と、疑問に思うかもしれませんが、
親の家に住まわせてもらったり
親に子どもの面倒を見てもらいう人も多いです。

「ゆいまーる」と言って
沖縄は「助け合い」の精神で成り立っています。

 

ただ私たちのような移住者でも、就職先を見つければ
そこまで不安になる必要はないと私は思います。

 

家族で移住するには、それなりの覚悟も必要ですが
移住する目的をもう一度、家族でしっかりと話し合って
計画・準備をすすめてくださいね!

 

応援しています!

 

 

 

 

コメントを残す