沖縄に移住した人の結果【過度な期待は危険?】移住者たちの教訓

沖縄に移住した人 結果

沖縄に移住した人のその後の人生や結果が気になる!

なぜなら、沖縄へ移住した人の約8割の人は
3年以内に本島へ帰ってしまうという統計が出ています。

  • 移住して何が合わなかったのか?
  • わざわざ移住してきたのになぜ、本島に戻ってしまったのか?
  • 結果、移住は成功だったのか?失敗だったのか?

気になる点も多いと思います。

 

今回は沖縄へ移住したい人のアンケートから
沖縄に移住した人のその後の生活などについて調べました。

 

沖縄に移住したい人のアンケート

 

では早速、沖縄移住を夢見ている人。
沖縄へ移住したい人のアンケートを見てみましょう。

 

沖縄へ移住したい理由

 

沖縄へ移住したい理由第1位は・・

「そスローライフ・自分らしい生き方をしたい」という人が
最も多く回答しています。

それ以下は、

第2位「自然環境が豊かな中で生活したい」

第3位「旅行で行って気に入ったから」

第4位「心身共に健康的な生活をおくりたい」と回答。

沖縄に移住した人 結果

画像引用元:https://seniorguide.jp/article/

 

確かにメディアや雑誌で取り上げられている情報では

  • 沖縄は時間にゆったりしているからのんびりした生活が待っている。
  • 自然豊かだから健康的になれそうな気がする!

と、移住に胸を膨らませる人も多いと思います。

 

 

沖縄移住への不安

 

一方、沖縄へ移住する上での不安や懸念事項は何なんでしょうか?

 

第1位は「仕事の確保」です。

それもそのはず、
沖縄の最低賃金は全国最下位の714円.

2016年の東京の平均年収は605万9900円に対し、
沖縄の平均年収は349万8800円と、
東京の平均年収の2/3もありません。

 

沖縄に移住した人 結果

画像引用元:https://seniorguide.jp/article/

 

沖縄へ移住する際は
それなりの「資金」「仕事探し・就職先」が重要となってきます。

 

それでも
「なんくるないさ〜」で沖縄に移住した人はどうなんでしょうか?
移住後、どんな暮らしをしていたのでしょうか?

 

 

沖縄に移住した人【理想と現実】の結果

 

南国暮らしを夢見ていたA子さん

仕事も辞めてほぼ行き当たりばったりで沖縄移住を決意。

移住資金として150万円ほどの資金があった為、
仕事も家も移住してから探そうと思い
最初は那覇市内のゲストハウスで生活していましたが

正社員としての採用は厳しく
資格やスキルもほぼ持っていなかった為
時給の低いアルバイトをしながら生活を送っていました。

無事に家も見つけて生活していましたが
手取り10万円の生活では苦しくバイトを掛け持ちして働く日々。

生活するために働いてばかりで
「結果、私は何のために沖縄に来たのだろう?」と
理想としていた生活ができなくて1年以内に帰ってしまいました。

 

家族4人で移住してきたA男さん

自然に囲まれたゆったりとした暮らしがしたい!と思い沖縄への移住を決意。

移住資金300万円ほどあったので
沖縄で車を購入し北部での生活を始めました。

休日は家族で海や山、川へ行き
妻と一緒に釣りなどを楽しみながら家庭菜園などを楽しみ
理想的な沖縄移住生活を送っていました。

が、北部での生活は厳しく
低賃金の仕事ばかりで高収入の仕事はほとんどありません。

また、移住してきて2ヶ月ほど
必死で就職活動を行っていましたが、
30代後半・特別な資格もなくなかなか働き口が見つかりませんでした。

20社ほど面接を受けてもようやく1社だけ採用してもらい
家族を養うために働いていましたが
手取り15万円の生活は家族4人を養うのに不十分でした。

結局、移住資金として貯金していた300万円も底をつき
子どもの進学費用として貯めていたお金を使って本島へ戻ることにしました。

移住まではなんとかなると思っていたけれども
移住後の生活をリアルに想像してなかった為、
こういった結果になっていましました。

 

安易に沖縄へ移住してきた結果、
1年〜3年以内に帰ってしまう人が多いのは事実です。

 

また、沖縄に移住した人のほとんどは

「沖縄移住をゴール」だと考えているからだと私は思います。

「沖縄への移住はスタート」
移住後の生活が本当の勝負です。

  • 沖縄での低賃金での生活をどう乗り越えるか?
  • 自分が求める沖縄での暮らしをどう作り上げるか?

この意味を理解しないで
沖縄に移住した人の8割は3年以内に帰ってしまうのです。

 

 

沖縄へ移住した人の教訓

 

沖縄へ移住したけれども、
3年以内に帰ってしまった人の教訓として

やはり沖縄での「仕事探し」を甘くみていたということです。

 

沖縄の物価は安いだろう。
と思って移住してきたけれども
内地(本島)とほぼ変わらない物価だったというパターンも。

なのに、正社員としての給料は低い。
家賃もそれほど安くはない。
なぜ、こんな苦しい思いをしてまでも沖縄にやってきたんだろう?

と、悩み鬱になって帰ってしまう移住者もいるみたいです。

 

やはり、それは移住に対する過度な期待があったからだと思います。

 

移住に必要な情報や知識を集め
自分の目的さえ明確にしていれば、
沖縄移住のハードルもそれほど高くないはずです。

 

沖縄に移住した人の教訓や結果を活かして
あなたの移住ライフをもう一度、練り直してくださいね!

 

 

最後に・・・

沖縄への移住はそれほど特別なことはありません。

実際、私たちも沖縄へ移住してきて2年半ほどですが
子どもと一緒に楽しい生活を送っていますよ。
3年以内に帰る人がほとんどと言われていますが
沖縄に残っている人が多いのも事実です。
移住に関する不安なことや質問などがあれば遠慮なくコメントくださいね!

 

 

コメントを残す